So-net無料ブログ作成
検索選択

「2030年超高齢未来」東京大学高齢社会総合研究機構 [ビジネス書]


2030年 超高齢未来 ―「ジェロントロジー」が、日本を世界の中心にする

2030年 超高齢未来 ―「ジェロントロジー」が、日本を世界の中心にする

  • 作者: 東京大学高齢社会総合研究機構
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



「2030年、3人に1人が65歳以上の高齢者
このままでは、少子高齢化で日本は破綻する・・・
そんな暗い空気が漂っています。
しかし、わたしたちには知恵と行動力があるはずです、
いまなら、社会のしくみを変えることで、
超高齢社会を幸せな長寿社会に変えることができるのです、
日本が、世界で最初の「幸せな長寿国家」になる」

と帯に書いてあります。
でも、まずここにあるような「暗い空気」が一部の人にしかないため
ずっと放置されてきたんじゃないかなと思っています。

まず、超高齢社会はどんな社会になるのか、いろいろな統計データを使って解説しています。

p49
社会のファンダメンタルズ(基礎的な条件)が180度転換しようとしている中で、いまわたしたちには「次世代のためにどんな社会を残すのか」という視点が不足しているのではないでしょうか。

p54
これからの超高齢社会を一人ひとりが幸せな豊かな社会にするために、社会構造をどのように変えていくかの方針を打ち立て、国民的な合意を得て、社会の隅々まで行き渡るよう速やかに実施できるかどうか問われています。
それを可能にするのは、国民全体で「前向きの危機感」を共有することではないでしょうか。

これって、著者も「もっとも難しい作業」と書いていますが、これはほとんど不可能じゃないかと思う難しい作業だと思っています。新しい道路を作るとき、何か公的な施設を作ろうとするとき、合意がとれずに、事業が立ちゆかなくなった例は、身近にやまほどあります。
(みんながみんな同じ考えというのは、それはそれで危ない話だとは思うのですけどね)

千葉県柏市の豊四季団地での試みが紹介されています。
理想の超高齢社会づくりのキーワードは「長寿・健康・経済のリンク」だそうです。

本の後半は、メンバーのそれぞれの先生が、それぞれの専門から述べています。

・辻哲夫教授の在宅医療
・村嶋幸代教授の地域の看護ステーション
・伊福部達教授の医療福祉技術(情報ロボット、情報コミュニケーション)
・大月敏雄准教授のまちづくり(地域循環居住)
・牧野篤教授の学びによるコミュニティづくり
・樋口範雄教授の気軽に頼れる弁護士のいる社会
・岩本康志教授の社会保障のありかたの変革
・鎌田実教授の産学連携

これらさまざまな分野の連携が超高齢社会の課題解決の鍵になると書かれています。
住空間と都市機能が社会システムとして機能する街

p163
まず必要とされるのが、街全体がひとつの病院や介護施設のようになる、訪問看護・介護機能や在宅医療機関の整備でしょう

p169
高齢者が就労することで社会に貢献し、生きがいを見出せるようにする。そんな「生き甲斐就労」のモデルを、さまざまな形で試していくことが求められています。

そして、「一人でも多くの人が協調できるしくみをつくろう」と、最後の章では、ビジョンの共有に向けてのメッセージということで4人からの座談会形式のメッセージが掲載されています。

まさに、ビジョンの共有。そのために出版された布教本というところでしょうか。
まだ間に合う・・・と思いたいです。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。