So-net無料ブログ作成
検索選択

「彩雲国物語 紫闇の玉座(上)」雪乃紗衣 [小説]


彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)

彩雲国物語   紫闇の玉座(上)   (角川ビーンズ文庫)



彩雲国物語は本編17巻目、外伝は4巻。
今月の新刊の帯は「堂々完結」完結巻(下)7月1日発売予定
そう、2ヶ月続きで新刊が出て、それで完結、とのことなので、本編18巻で完結予定です。

紅州に迫る蝗の大群。藍州の水害。地震の多発など、彩雲国の要の神器が破壊されたことにより起こす災厄。
秀麗だけではなく、それぞれが、それぞれの信じるままに最善をつくそうとする
立場が違っていても。

デビュー作である第1巻から比べると主人公の紅秀麗の成長が著しいです
それだけに、最終巻というと、ずっと読んでいたい思いと、行き着く先を確認したいことと複雑な感じです。

【本日の言葉】
p88
「…さあ、僕も行こう。最悪よりマシなだけの世界さえ、守れなくてどうするよ」

p271
「…矛盾にはね、誰もが気づくんですよ。切り捨てられたことに意味があるなら、いい。でもそうでないなら、私たちには怒る資格がある。」


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 1

美貴

流石、名誉が形になる時期ですね。

作者である雪乃紗衣さんの事、そう書いてあるサイトがありましたよ。
http://www.birthday-energy.co.jp/ido_syukusaijitu.htm

長編が得意なのも、無限大の吸収力を生かしてファンが夢中に
なっちゃうのも、雪乃さん特徴。
次の課題がそろそろ与えられて、それをソツなくこなすと、さらに
ステップアップできそうなんだって。

有終の美、その後の進む方向も、ファンとしては気になるところです。
by 美貴 (2011-07-06 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。