So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

iPad用アプリのKindle [電子機器]

紙の本を買ってくるとスペースが必要、読んだからといってお気に入りの本はそうそう処分できない。そこで、一部自炊も試みたけれど、面倒なので挫折。以前からパソコンやiPadで電子書籍を購入していたけれど、そもそも品揃えが少なく、ほしい本を探すたびに違うアプリを導入しないといけないのが不満。

ということで、7月に楽天Koboを購入したけれど、やはり欲しい本がない。ところが、アマゾンのKindleにいつの間にか日本語の書籍が出ているのを発見して、電子書籍を購入したので、他のアプリとの比較などメモっみました。

いまのところiPad miniに入れてあるアプリ
Kindle,GALAPAGOS,ebiReader,BookWalker,Fanplus,iBooks,サンマーク、パブリ、ダイヤモンド、日経BP、yahooブックストア、学研ストア、MC book といったところでしょうか。楽天koboは今のところ専用端末のみかな。

主な購入先として、
漫画はebiReader(eBooks)かyahoo
eBooksは有料にしても端末が3つまでしか指定できない、しかも、一つの端末にダウンロードしてあると
いったんトランクルーム(WEB)に戻さないと他の端末でダウンロードできない(常に1カ所でしか読めない)
Book Walkerは角川のライトノベルが早い
GALAPAGOSは、結構趣味にあう本が多い。でもアバウトで探すのが面倒。
Fan+は紙の本に動画とか音声とか加わっているのがおもしろいけど、基本がオンライン。最近オフライン可能になったので使えるようになったけど。

今回,Kindleを入れてみておもったこと
・書籍の数が多い
 eBooksで1巻までしか電子書籍化していなかったのに、続きがKindleにあった。
・無料版の数も多い。古い岩波新書の本なども無料であった。(万葉秀歌とか)
・購入は普通のアマゾンのページでKindle版を買って、登録してある端末にダウンロードする形になる
 他のアプリでは、そのアプリからストアに行けるのに、Kindlではいったんアプリを終了させて、
 ブラウザかアマゾンのアプリを起動してそこから買わないといけないのが不便。
 ちょっと面倒だけど、なれれば紙の本を買うときに一緒に選べる。
・複数の機器にダウンロードが可能
 一度に一つの端末にしかダウンロードできないeBookではちょっと不便
 GALAPAGOSは、たしか3台までだったかな?(パソコンを除く)
 Kindleは何台までなんだろうか?今のところiPad2,iPad mini、iPod touchに入れています。
・文字の大きさは2種類。iPad miniの場合、大きい方を選択してもあまり大きくならないので、ちょっと最近目が・・・という人には辛い。
 GARAPAGOSなどは、指で拡大すれば自由に大きさを変えられるので、かなり大きくできる。

一番のネックは文字の大きさかな。たぶんiPad用に作ってあるので、iPad miniでは小さくなっているのだと思う。老眼が心配な人はやめた方がいいかもしれない。あとは新刊本も同時に電子書籍になったらいいなということでしょうか。

ちなみに今のところ一番多く購入しているのは、GALAPAGOSです。
なんといってもお気に入りの作者さんの本があるのかどうかですね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

iPod touch(第5世代)とiPad mini 購入 [電子機器]



10月にiPod touchの新型、11月にiPad miniと続けて購入しました。iPod touch(第4世代)、iPad2からの買い換えです。
データはそれぞれ旧モデルのデータをiCloudにバックアップしてあるものをリストアしました。

iPod touchは、旧型に比べ、かなりスリムになった感じです。ストラップ(扁平な純正品)を引っかけるボタン?があるので、ストラップもつけられて結構便利な感じ。
性能という意味では、カメラ性能の向上が一番よかった。というのも旧型のiPod touchのカメラはかなり貧弱で、ふつうだったら当たり前だろうというオートフォーカスもなく、風景写真ならいいけれど、接写特にスキャナ代わりに使うには性能不足。アプリによっては対象外と決めつけられる代物でした。今回はちゃんと以前のiPhone並になったため、名刺スキャンアプリの認識率が大幅向上しました。

Siriも対象になったのですが、ネットにつながっているとは限らないiPod touchには邪魔なので、offにしています。残念ながらGPSはないので、GPS機能が必要なアプリは使えませんが、アプリによってはネットワーク経由でだいたいの現在地は表示します。

SkypeやLINE、050plusなどの電話アプリを入れてあるので、モバイルルーターとの併用で、かなりIphoneっぽく使えます。

iPad miniはiPadとiPod touchの中間サイズと考えています。入れてあるアプリはかなり共通です。
今回 iPadとの買い換えというか、買い増しというか・・・2週間ほど併用した結果、持ち歩くのはiPad miniの方にしました。なんといっても小さくて軽い。

もともとiPod touchとiPadを持ち歩いていたのですが、読むのも書くのも画面が大きい方がいい。しかし、バックのサイズを考えると、iPadはハンドバックに入らないので、ハンドバックに入るiPad miniの方が持ち歩きににはベター。

問題は、電子ブック、特に漫画を読むときにiPad miniで大丈夫かということでした。文字の電子ブックを読む場合、iPod touchでも一画面の文字数が少なくなるだけなので、問題ないけれども、さすがに漫画の1ページはきつい。iPadならば、漫画が見開きで読めるというのは魅力です。で、iPad miniはというと・・・・年齢によるとは思いますが、見開きでどうにか読めるというところでしょうか。細かいルビがきついけど。まあ、見開きではなく1ページごとでしたら、漫画の文庫本サイズよりも大きいので文庫本漫画が読めるならば大丈夫。

ただし、これを片手でもって電車の中で読めるかといったら、ちょっと自信ないです。座ったときに開くといったところで、通勤電車の中ではiPod touchを利用しています。


電子ブックリーダー楽天kobo touch購入 [電子機器]



楽天の電子ブックリーダーkobo touchを予約購入しました。
とりあえず使ってみたところ、まあ使えるけれども、あとはちゃんと欲しい本が入るかどうかといったところです。

いいところ
・軽くて持ち運びに便利(iPadに比べるとだんぜん軽い)
・液晶画面が見やすい(静止状態)
・電池が保つ(モノクロ液晶だから)
・しおり機能があり、操作も簡単
・値段がお手頃感あり(7980円、ただし純正カバー2980円は本体価格に比べ高いので買っていない)
・青空文庫など無料の電子ブックがかなりある。ただし宣伝にある「100万を超える無料タイトル」というのは
 英語版など日本語じゃないものが多いと思うし、一部のみのものもある。(古典的なSF、火星シリーズの英語版をダウンロードしましたが、無料なのは一部みたいです)

わるいところ
・電子ブックの品揃えがいまいち。もっとも毎日新たに追加されているので今後を期待。
・端末でページをめくるとき、一瞬、画面が黒白反転して見づらい
・同梱されている説明書は内容がほとんどなく、WEBを見ないと操作方法さえ、まるっきりわからない
・しおり機能やメモ機能は記録するのは便利だが、探す操作は面倒

注意すべきところ
・使えるパソコンが手元にないと設定の説明書が読めない。
・無線LANがないと、電子ブックをダウンロードするとき、いちいちパソコンに接続する必要あり
・文字を長押しすると、辞書が起動するなど便利な機能があるが、操作になれないと意図しない状況になるので慣れが必要。

とにかく最初梱包を開けたときの説明書の簡単さにびっくり。というかとにかくここのURLを見なさいってことしか書いていない。設定項目はすくないけど、これってそもそも設定できない人多いんじゃないかと心配するぐらい単純なことしか書いていない。最初、うまく認識してくれなくって、なんどかつなぎ直しをしたら、HP記載どおりの画面がでてきたのですが、原因は不明です。電源を入れるのと接続する順番かなあ?
タグ:電子ブック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「欧州妖異譚4 アドヴェンド~彼方からの呼び声~」篠原美季 [小説]


アドヴェント ~彼方からの呼び声~ 欧州妖異譚4 (講談社X文庫ホワイトハート)

アドヴェント ~彼方からの呼び声~ 欧州妖異譚4 (講談社X文庫ホワイトハート)

  • 作者: 篠原 美季
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/12/02
  • メディア: 文庫



英国妖異譚 2012年かわい千草カレンダー

英国妖異譚 2012年かわい千草カレンダー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/12/06
  • メディア: カレンダー


欧州妖異譚シリーズ第4巻目です。今回はタイトルのとおり、時期的にはクリスマス期間の話です。
今回はユウリが父親のフォーダム博士の代理で、アメリカ人の旧友が引退記念にドイツの古城で開催するクリスマスコンサートに参加することになるのが、話の発端です。

ただ、登場人物がほとんと英国妖異譚からのメンバーなので、もう、続きとしかいいようがない・・・
今回は、英国妖異譚の最後、番外編3で登場した天才ヴァイオリニスト、ローデンシュトルツが登場します。

欧州妖異譚のはじめのころのような、悪魔っぽいものは、今回はあまり表だって出て来ていません。
ただし、今後、ラルフ・ローデンシュトルフやキース・ダルトンは準レギュラー化するような気がします。
シモンの従姉妹のナタリーは、このシリーズになってからどこにでも現れてきますけど。
まだ4巻目。さあ、どう進んでいくのか。

帯では相変わらず、あおっています。
「ユウリの保護者の座を巡って、シモンとダルトンが対立!『寝ずの番なら、僕がしますよ』」
別に対立ってほどじゃなかったですけどね。でも、こっちの方はどうなるのか興味津々です。
もっともユウリは相変わらず天然です。

p228
「なんだかんだ言って、僕は、アシュレイのことをあまりよく知らないが、あいつは、どこまで非道だと思う?」
「そうですね」(中略)
「こうして、僕が生きているので、少なくとも、百パーセントの死地に追いやることはないと思いますが、運も含め、相当がんばらないとならないくらいの、つまりは、運が悪ければ死ぬかもしれないくらいの窮地であれば、遠慮なく叩き落としてくれますよ」
「ーそれで、よく付き合いを続けているな」

ちなみに、この話がクリスマス。そして、シモンはこの後、ユウリと日本で年末年始を過ごす予定、ということになっていますが、その日本でのショートストーリーが、来年のカレンダーについてきます。

「英国妖異譚 特別編 ユウリとシモンのゆく年くる年」
カレンダー自体は、文庫本の表紙の絵です。B5サイズと文庫本よりも大きくなっているだけなので、目新しいのは、・・・この短編です。冊子というよりもジャバラになっていて、表紙・裏表紙を入れて16ページ(本文14ページ)ですが、これは、まさに今年の年末用です。きっと、あとで短編集などに収録されるかなあとも期待するのですが、平成24年のカレンダーに同梱されることで、タイミングぴったりという感じです。

大晦日、除夜の鐘が聞こえる中、八坂神社の近くを歩いていた、ユウリとシモンが遭遇した出来事。そう、遭遇しちゃった大事件の話です。
これはやはり、うさぎ年のうちに読んだ方が、おもしろい感じがしますけどね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「デジタルメモポメラDM100」購入 [電子機器]


KING JIM デジタルメモ「ポメラ」 DM100クロ ブラック

KING JIM デジタルメモ「ポメラ」 DM100クロ ブラック

  • 出版社/メーカー: キングジム
  • メディア: Personal Computers


ストレートキーボードのポメラが出たので、即、購入しました。そもそも、ポメラは3代目(笑)
主な使用目的は、会議や打ち合わせなどのメモ取り。とにかく、すぐ起動して、文字を早く打てて、電池が保つもの。もちろん他にも書類とかも持参するので、薄い方がいい。キーボードもしっかりしていて、ちゃんと打ち込んだ感覚があるもの。また、テキストデータをパソコンに取り込んで加工するので、データ移行も簡単なもの。
という条件は、ほぼ満たしています。

以前の二つ折りキーボードは、2つ折りだけあって、下が平らでないとちょっと厳しかったけど、こっちは安定しています。薄さも、電池部分のみ、ぽっこりと厚いのはちょっとかっこわるいけど、書類と一緒に鞄に入れるには問題なし。もちろん単3電池2本で動くところは同じ。

こんどの機種では、Bluetooth接続で、iPadやiPhone,iPodtouchのキーボードとして使えるということですが、接続保証のない(笑)アンドロイドスマートフォンと接続できました。携帯入力があまり得意ではないので、これは嬉しい。
しかも、液晶の横に、ボタンがあって、そこから、Bluetoothの接続や、辞書の呼び出し、QRコードの作成が一発でできます。

と書くといいことばかりですけど、使ってみて思ったのは、少し打つ音がうるさい。
あと、液晶画面がいままでのポメラより一回り大きいけど、わざわざキーボードをストレートにしたんだから、画面も横長にして、もっと多くの文字が1行に表示できるようにしてほしかった。
テキストデータはベタ打ちとはいえ、画面に影響されて変なところで改行してしまっていたり、後でパソコンで見てみると、ちょっと不細工。
あと、カードは、二つ折りポメラはマイクロSDでしたが、こっちは普通のSDカード。パソコンのSDスロットにそのまま差し込めます。出先からでパソコンがない場合は、いままでは、QRコードに変換して、携帯から(というかiPhone用のアプリを使うと簡単)送信していたのですが、今回はQRコード変換以外に、携帯にBluetoothで転送できるみたいです。まだ実行していないですけど。

もともと、かつて使っていた「NECのモバイルギア(DOS版)」の横長液晶のイメージを引きずっていますが、モバイルギアにバックライトつけて、データ転送機能をつけたというところでしょうか。
まだ、ちょっと使っただけなのですが、ひたすら文字打ちにはいい機械だと思います。ATOKだし。

ただ、これを普段持ち歩きますかというと、ちょっと考えるところです。
文書作成に特化したと言えばいいけれども、いまどき他の機能といえば、辞書(英和、和英、国語)と簡単なスケジュール機能のみ。今持ち歩いているのは、スマートフォン(アンドロイド)とiPad2(+モバイルルーター)、それにiPodtouch というところですが、これにポメラを加えるかというと、それは多すぎる。では、他を削るかというと、重さではiPad2あたりだけれども、これは写真ほか、いろいろな資料をPDFにして入れてあるので、外せない。

ポメラは入力用ということで、持ち運びというか、必要なところに置いておくという形かなあ。
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。